子どもの矯正歯科治療|札幌市厚別区で歯科をお探しの方はもみじ台シトラス歯科まで

電話予約
WEB予約

子どもの矯正歯科治療PEDIATRIC ORTHODONTICS

不正咬合の種類

叢生(歯並びがデコボコしている)

叢生(歯並びがデコボコしている)

歯がアーチ状に並んで生えるのではなく、重なり合って生えている状態を指します。チャームポイントとされることが多い「八重歯」も叢生に分類されます。歯磨きがしにくく、むし歯や歯周病リスクが高い歯並びです。

上顎前突(上の前歯が前方に出ている)

上顎前突(上の前歯が前方に出ている)

上の前歯が大きく前に出ている状態のことで、出っ歯とも呼ばれています。歯が前に出ているため上下の唇が閉じにくく、お顔の印象にも影響を与えることから、コンプレックスを持つ方も少なくありません。

下顎前突(受け口・反対咬合)

下顎前突(受け口・反対咬合)

上の歯よりも、下の歯が前方に突き出ている状態を指します。横から見るとすくい上げるように下顎が前にでているため、「しゃくれ」とも呼ばれています。適切な位置で上下の歯が噛み合っていないため、上の歯がすり減ってしまうこともあります。

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)

上下の奥歯を噛み合わせても、上下の前歯が噛み合わない状態を指します。上下の前歯が噛み合わないため、食べ物を噛み切れなかったり、発音しにくくなることがあります。
また、このかみ合わせの方は鼻づまりがあり口呼吸になりがちです。

過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合(ディープバイト)

上下の歯を噛み合わせると、下の歯が見えなくなるほど深く上の歯が覆いかぶさった状態を指します。歯や顎関節に負担がかかりやすいかみ合わせです。

空隙歯列(歯と歯の間にすき間がある)

空隙歯列(歯と歯の間にすき間がある)

歯と歯の間がはっきりと空いている状態を指し、「すきっ歯」とも呼ばれています。歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、発音に支障が出ることもあります。

子どもの矯正歯科治療

以下のようなお悩みはございませんか?

子どもの矯正歯科治療
歯並びが乱れている
歯並びがデコボコしている
永久歯が生えてこない
上の前歯が突出している
上下反対のかみ合わせになっている
歯の数が少ない・多い

子どもの矯正歯科治療の
メリット

子どもの矯正歯科治療のメリット
  • 顎の成長をコントロールできる
  • 顎が適切に成長できれば、歯がきれいに並び、顔つきも整う
  • 抜歯を回避して矯正治療ができる可能性がある

子どもの矯正治療は、早いうちに始めることをおすすめします!

子どもの矯正治療は、
早いうちに始めることを
おすすめします!

大人になってから矯正治療を始めることもできますが、大人は顎の成長が完了しているため、顎の幅を広げたり、成長を促すことができません。そのため、抜歯や外科手術を検討することも多くなります。お子さまの矯正治療をお考えでしたら、永久歯が生え揃う前になるべく早めにご相談ください。

当院の治療方法

拡大装置(床矯正)

▶拡大装置(床矯正)

お子さまの顎の幅を拡大するための矯正装置です。床矯正とも呼ばれており、顎を広げることで永久歯がきれいに並んで生えるためのスペースを作ります。大人は顎の成長が完了しているため、拡大装置を使ってもあまり効果を見込めません。顎の成長期にあたるお子さまに使うことで効力を発揮する装置です。

拡大装置の開始時期

顎の成長には個人差がありますが、一般的には小学校低学年から、早ければ小学校入学前から治療を開始するといいでしょう。

拡大装置のメリット

■自分で取り外すことが可能就寝中やご家庭で過ごす時間帯だけで装着時間を確保できれば、日中は外すことも可能です。そのため学校生活に支障が出にくく、普段通りに食事も行なえます。

■大人の歯を抜かない拡大装置は顎の幅を広げ、永久歯が並んで生えるスペースを確保するための矯正装置です。そのため、歯が並ぶスペースを用意することができ、永久歯を抜歯せずにすみます。

■痛みを抑えられる子どもは大人に比べると骨が柔らかく、歯を動かす抵抗も少ないため、大人よりも痛みが少なくすむことが多いです。

■むし歯になりにくい一般的な矯正装置は歯に専用の接着剤で固定するため取り外しが難しく、歯磨きがしにくくなり、むし歯リスクも高まります。しかし、拡大装置は自分で取り外しができるので、歯磨きも普段通りに行え、ほかの矯正装置と比べるとむし歯になりにくい特徴があります。

バイオネーター

▶バイオネーター

お口周りの筋肉の動きを活用して下顎を前方に成長するように促す矯正装置です。ヨーロッパ諸国でも広く導入されており、取り外しが可能で、食事や学校生活にも影響を与えにくくなっています。顎の成長が期待できる年齢のお子さまにのみ使用でき、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口・反対咬合)、過蓋咬合(ディープバイト)などの矯正治療に適応します。

カリエール

▶カリエール

矯正治療で動かしにくいとされている、犬歯、小臼歯、大臼歯までをひとまとめに適切な位置へと促し動かしやすくして、抜歯を行うことなくスペースを作り出します。カリエールを使用することで30%以上の治療期間短縮が見込めます。

プレオルソ

▶プレオルソ

顎の成長期における指しゃぶりや口呼吸といった習癖は、歯並び・かみ合わせに影響を与えてしまう恐れがあります。プレオルソでは、お口周辺の筋肉のバランスを整えながら、習癖の改善をめざせます。ポリウレタンでできているのでやわらかくお口の中にフィットし、睡眠時のみ装着するのでお子さまの負担も抑えられます。

子どもの矯正歯科治療費用
のご案内

相談 無料
検査・診断 11,000円(税込)

小児矯正

拡大装置 330,000円(税込)治療終了までに使用する
すべての装置代
バイオネーター
調整料 3,300円(税込)
  • ※自由診療です。
  • ※お子さまの歯並び・かみ合わせの状態によっては適応されないケースもあります。成長過程によっては、再治療が必要になる可能性もあります。
  • ※調整料は毎月のご来院時にお支払いいただきます。

部分矯正

カリエール メタル 33,000円
(税込)
クリア 44,000円
(税込)
調整料 3,300円(税込)
  • ※自由診療です。
  • ※お子さまの歯並び・かみ合わせの状態によっては適応されないケースもあります。成長過程によっては、再治療が必要になる可能性もあります。
  • ※調整料は毎月のご来院時にお支払いいただきます。

マウスピース

プレオルソ 29,700円(税込)
  • ※自由診療です。
  • ※お子さまの歯並び・かみ合わせの状態によっては適応されないケースもあります。成長過程によっては、再治療が必要になる可能性もあります。
  • 治療期間に適応したオリジナル分割システムを導入しております。
  • 手数料に関わらずに回数と支払い配分の設定ができます。詳細はスタッフにご相談ください。
    分割の場合は、初回のみ33,000円をお支払いいただきます。
  • 矯正治療用の抜歯は、永久歯抜歯が必要な場合は別途料金がかかります。
  • むし歯・抜歯(親知らずなど)、歯周病・補綴治療など一般治療は別途料金がかかります。
  • ※大人の矯正へ移行する場合は装置代(33,000円~245,000円)を加算させていただきます。

医療費控除についての
ご案内

ご自身やご家族が1年間に支払った金額が10万円(その年の総所得金額などが200万円未満であれば、総所得金額などの5パーセント)を超えた場合、医療費控除として申告することで、その医療費の一部が課税所得額から控除されます。その結果、確定申告で所得税を軽減できます。

歯科においては、むし歯・歯周病治療などの一般歯科の分野はもちろんのこと、容ぼうの美化ではなくかみ合わせの改善を目的とした矯正治療やインプラントなどといった自由診療の治療費も医療費控除の対象となります。

ただし、美容や審美のみを目的にした矯正治療やホワイトニングなどの費用は医療費控除の対象外となります。医療費の申告を行う際には、対象となる治療費や通院のための交通費を記載した「医療費控除の明細書」のご用意が必要です。なおお支払いの際に受け取った領収書やレシートは税務署などに提出する必要はありませんが、5年間の保管が義務付けられています。

「医療費控除の明細書」は、お住まいの地域の税務署まで取りに行くか、国税庁のホームページでダウンロードが可能です。

詳しくは下記の国税庁のホームページでご確認ください。

No.1120 医療費を支払ったとき
(医療費控除)国税庁ホームページ